渡辺ライラくん  
入門 2012年3月

庄司清恭くん  

入門 2010年6月

①入門のきっかけ

息子には男子として「心・技・体」を鍛えるべく、かねてより武道を習わせようと考えておりました。タイミングよく住んでいた家の近くに極真空手祖師谷道場ができ、当時は幼稚園児ではありましたが入門を前提に体験入門をさせて頂きました。

 

②祖師谷道場を選んだ理由

体験入門の際に、谷口先生より熱のこもった指導と空手に対する思いを説いていただき、家内も含め夫婦、親子ともども「この道場で技術だけでなく、多くのことを学ばせていただきたい」と思うことができました。

 

③入門してお子さんが変わったこと

入門当時は幼稚園児でしたので変化と言えるものかどうかはわかりませんが、ひとつ確実なことは自尊心が育まれたのではないかと思っております。また、谷口先生をはじめ多くの先輩方や後輩と接することにより

技術のみならず、自己肯定力など精神的な成長も強く感じることができています。また、そのような息子の成長している姿を見ることにより、わたくし自身も多くの感動や刺激を与えてもらっています。

 

④今後の目標

目標自体は息子本人が決めることですが、親としては引き続き「心・技・体」を鍛えていくことを第一義とし人として社会に役立つ人物に育っていってくれればと思っております。「力なき正義は無能なり、正義なき力は暴力なり」という言葉がありますが、極真空手の稽古を続けていくことで、正義を貫ける力を身につけていってもらいたいと強く願っております。

①入門のきっかけ

活発でヒーロー大好きな子供でしたので、あり余るエネルギーを極真空手に向けてはどうかと先に入門していた

伯父といとこにすすめられたのがきっかけです。

 

②祖師谷道場を選んだ理由

楽しく厳しくご指導いただける様子や道場生の子供達の良い雰囲気がよくわかり決めました。

 

③入門してお子さんが変わったこと

入門したばかりの頃は落ち着きがなく稽古の度に注意を受けている様子でしたが、続けていくうちに集中力が養われたと思います。

大きな声で挨拶やお礼が言えるようになり、ご飯もたくさん食べるようになりました。稽古への参加、試合への挑戦など積極性が身につき負けることの悔しさや進級の喜びを知り、心身ともに成長している姿がよく見られるようになりました。

 

④今後の目標

今の気持ちを忘れず、長く続けていかれるようサポートしていきたいです。

①入門のきっかけ

当日3才だった活発な息子に極真空手を始めさせたいという思いから親子クラスに参 加させていただいたのがきっかけです。

 

②祖師谷道場を選んだ理由

兄と甥が入門していたので入りやすかったのもありますが、息子と一緒に稽古が出来ること、子供から大人まで一緒に稽古が出来る合同クラスがあることは空手の知識や経験もない私にとっては始めやすい環境でした。

 

③入門して自分が変わったこと

親子のコミュニケーションを取るよい機会が出来、同じ目標や目的に向かって努力しあえることも喜びを感じています。

たくさん汗をかき運動不足解消、ストレス解消と心身ともに健康的になっていると感じています。

 

④今後の目標

息子とともに長く続けて行きたいと思っています。

 

①入門のきっかけ

「どうしたら肉体改造を成功出来るのか?」その答えが空手でした。男は8の倍数 の年 齢で体調に変化が出ると言われていますが

私自身も例外ではなく40才を境に体調を崩す事が多くなっていました。将来の事を考え、体質改善を含めた肉体改造に必要性を感じ

筋力だけでなく体幹や柔軟を鍛えることのできる空手道への入門を決意しました。

 

②祖師谷道場を選んだ理由

元々会社の近くに空手の道場があり、いつも気になっていたのですが、調べてみると同じ系列の道場である「極真空手祖師谷道場」が自宅の近くにある事を知り早速見学を申込ました。道場には私と同じ壮年の方が多くいらっしゃり、大声で押忍!などと気合を入れながら基本稽古をしたり、多彩な技でスパーリングをされていました。その姿を見て私の決意は一層揺るぎ ないものになり直ちに入門を申込みました。

 

③入門して自分が変わったこと

稽古を始めるとどんどん体力が向上していき、目に見えて体調も良くなっていきました。体力がつくと柔軟性も向上していきました。今では

左右の留まらず前後の開脚も出来るようになり、疲労が抜けやすく怪我をしにくくなりました。体調が良くなると体が軽くなり、食欲が増し

睡眠も深くなりました。恥ずかしながら今では稽古後の食事のご飯の量は「昔話盛り」になってしまいました(笑)。精神面で変化がありました。稽古することでリフレッシュ出来るためストレスを持ち越さないストレス知らずになりました。私は4年前に道場の近くに引っ越して来たのですが、空手 を通じ て地元の方との繋がりを広げられた事も大きな収穫でした。余談ですが週末稽古後は道場生同士で食事に行くなどの交流もあり、私の場合はそれが稽古を継続するモチベーションの一つになっています。

 

④今後の目標

今後の目標は週2回の稽古を継続しながら1年で2級ずつの昇級を実現して組手や型の試合で勝利する事です。また、地域密着を基本方針とした道場の地域活動を通じて先生や他の道場生と共に社会貢献をしていきたいと考えています。

道場生の声

渡辺美和さん  
入門 2012年3月

野崎佳彦さん  

入門 2013年8月

藤川優作くん  

入門 2011年2月

①入門のきっかけ

息子のお友達が入門しており、武道に興味があったので体験させて頂いたのがきっかけです。

 

②祖師谷道場を選んだきっかけ

自宅から近く通いやすかったのと、道場の明るい雰囲気がよかった為。

 

③入門してお子さんが変わったこと

集中力がついたと思います。家庭においてもやらなければいけない事の優先順位をつけて時間の使い方が上手になったと思います。

 

④今後の目標

息子は国際大会など大きな大会で賞をとる事。親としては、技術はもちろんですが、自身の事ばかりでなく仲間を引っ張って行けるような優しさも成長して欲しいと願っています。

 

①入門のきっかけ

ダイヤの叔父にあたる私の弟が、小学生の時に旧祖師谷道場の道場生で、極真空手を通じて、体や心が強くなってほしいと願う祖父が体験に連れていったことがきっかけです。

 

②祖師谷道場を選んだきっかけ

体験を終えて、初めて自分からやりたいと言ったこと、谷口先生の人柄、祖師ヶ谷道場の雰囲気、通いやすさで入門いたしました。

 

③入門してお子さんが変わったこと

一番は体力!体が強くなったと思います。スタミナがつきました。
そして進んで挨拶が出来るようになりました。一つ一つの結果が、時には自信につながり、悔しさからの努力に繋がり、沢山の涙で、気持ちも少しずつ強くなってきたと思います。息子が空手を初めて、家族で沢山の感動を味わえるようになりました!

 

④今後の目標

強さは体だけではなく、心の強さも繋がってくることに気がついたようです。体を鍛えながら、心も鍛え、自分のペースで頑張って欲しいです。今後の目標は、色々な大会に参加する勇気を持つ事です!

 

浅見太哉くん  

入門 2011年10月

© 2015 国際空手道連盟極真会館

     城西世田谷東支部祖師谷道場

東京都世田谷区砧5-1-18

祖師谷大蔵サマリヤマンション1F

 

Tel: 03-5727-0715

10:00〜22:00 (365日受付)

道場不在中及び休館日は責任者携帯に転送されます。

稽古中は電話に出れません。

※出来るだけ素早い返信を心かげておりますが1日たっても

 返信がない場合は再度ご連絡をお願い致します。

※返信はヤフーメール(yahoo.co.jp)を使用しております。

 迷惑メール設定をされている場合はご注意下さい。

  • Facebook Social Icon
  • imgres.png
  • YouTube Social  Icon